バルクオム洗顔のみ使うのはあり?化粧水や乳液は必要ないって本当?

10月 1, 2018

男性用のスキンケアとして口コミで大人気のバルクオム。洗顔、化粧水、乳液の3つを使ってスキンケアすることで、男性ならではの顔のべたつきやテカリを取り除いてニキビや肌荒れの原因を防いでくれます。しかし、脂性の人にとって、化粧水や乳液を使わなくてもいいのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、バルクオムの洗顔だけで充分なスキンケアができるのか、また、皮脂のテカリやべたつきを抑えることができるか検証してみたので、参考にしてください。

バルクオムで洗顔だけしてれば良い?

皮脂が多く出たり、常にテカリが気になる人は、化粧水や乳液を使うともっとべたつくのではないかと気になりますよね。実際にバルクオムの洗顔だけで肌のスキンケアができるかどうかと言うと答えはYESです。

通常、ドラッグストアに市販されている男性用洗顔料のほとんどは、洗浄することのみに重きを置いているので、スクラブや界面活性剤やエタノールなどの成分によって確かに皮脂は綺麗に取り除けるかもしれません。

しかし、肌にとって、スキンケアがちゃんとできている状態というのは、水分と油分のバランスがとれていること、つまりバリア機能がしっかりそなわっているかどうかです。

バリア機能とは皮脂と汗が混ざり合ってできた天然のクリームのようなものです。バリア機能がしっかりしていると、多少のストレスや不規則な生活、アクネ菌などの外的刺激から肌を守ることがでるため、荒れにくい健康な肌でいることができます。

バルクオムは、保湿力の高いリンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、グリセリルグルコシドなどが含まれている上に、クレイ(泥)がしっかりと汚れを吸着してくれるので、必要な皮脂や水分をちゃんとのこしてくれ、洗眼後のツッパリ感が全くありません。

しっとりする分、洗顔後の爽快感には若干欠けるものの、洗顔だけでもきちんと保湿ができると言う点ではメンズコスメの中でトップ入りです。よって、洗眼だけでも必要最低限のスキンケアができるといっていいでしょう。

化粧水や乳液は必要ないのか?

先ほどバルクオムの洗顔だけでもスキンケアができると言う話をしましたが、十分な保湿やスキンケアができるかと言うと、答えはNOです。

確かにバルクオムの洗顔だけでもつっぱらなし、しっとりするので化粧水を塗らなくてもいいのでは?と思っている方もいるでしょう。しかし、いくら洗顔料に保湿成分が含まれているからといって、洗顔の目的はあくまで汚れを落とすこと。肌への保湿は化粧水と乳液で行うのが一番です。

実は洗顔している間も洗浄成分やお湯によって、肌の水分が奪われて行くので、化粧水をつけないと放っておくとどんどん肌の水分が蒸発していきます。よって化粧水で水分補給してあげる必要があります。

そして、せっかく化粧水で肌に与えた水分を、今度は外に逃げないように乳液で蓋をしてあげる必要があります。乳液を使うことによって、洗顔で奪われた油分を補充することができるので、肌が皮脂が十分足りている状態だと認識でき、皮脂の過剰分泌を防ぐことにも繋がりますよ。

まとめ

今回はバルクオムの洗顔だけ使ったのでいいのではないか?という疑問を持っているかたのために、バルクオムの洗顔の役割と化粧水、乳液の必要性について説明しました。洗顔は汚れを落とす、化粧水は水分補給、乳液で水分の蒸発を防ぐという役割をしっかり理解したうえで、テカリや荒れのない綺麗な肌を手に入れてくださいね。

バルクオム 肌活コース公式通販サイト