【バルクオム】BASICコースと3ステップコースの違いを徹底解説

10月 31, 2018

テレビでも話題のりんご幹細胞エキスが配合されていて全て国内製造という高品質のバルクオム 。モデルや俳優さんも使っていることで有名です。

バルクオムにはBASIC(肌活)コースと3ステップコースがありますが、違いはなんなのか、そして、どちらを選ぶのが良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、2つのコースの違いと選ぶときのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

バルクオムのBASIC(肌活)コースとは

アンチエイジング効果があると注目されているリンゴ幹細胞エキスを配合したバルクオム。これだけ品質の高い化粧品がなんとたったの500円で購入できるのが、BASICコースです。

◆BASICコース内容
・洗顔
・化粧水

◆特典
・乳液サンプル2包
・化粧水詰め替えボトル 200ml
・泡立てネット

バルクオムの3ステップコースとは

BASICコースと異なるところは、乳液がフルボトルでついてくるところです。

◆3ステップコース内容
・洗顔
・化粧水
・乳液

◆特典
・化粧水詰め替えボトル 200ml
・泡だてネット

BASICコースと3ステップコースの違い

  BASICコース(肌活コース) 3ステップコース
公式サイト ▶︎バルクオム 肌活コース
公式通販サイト
 

▶︎バルクオム 肌活コース
公式通販サイト
 

目的 低価格でスタートしたい人
乳液を使わない人
プレゼントに利用したい人
乳液を使う人
価格 初回6,100円 → 500円(税別)  初回9,500円 → 3,280円(税別)
内容 洗顔 内容量 : 100g
化粧水 内容量:200mL

洗顔  内容量 : 100g
化粧水 内容量:200mL
乳液 内容量:100g

特典 乳液のサンプル 2包
化粧水用詰め替えボトル200mL

泡立てネット

化粧水用詰め替えボトル 200mL
泡立てネット

コース選びのポイント

一番のポイントは乳液を使うか使わないかです。乳液は肌表面の水分の蒸発を防いでくれる役割を果たすだけでなく、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌を防いでくれる役割もあるため、乾燥肌の人、ニキビ肌の人は使うことをお勧めします。

日中常にテカテカが気になるような方で、皮脂やベタつきがどうしても苦手という方は無理に乳液を使う必要はないですが、洗浄力の高い洗顔料での洗顔のしすぎや、顔拭きシートなどを頻繁に使用している方は、皮脂の取りすぎで逆に肌が乾燥しているインナードライの可能性があるので、乳液を使う方が良いでしょう。

BASIC(肌活)コースに乳液のサンプルが特典としてついてくるので、様子を見みてください。バルクオムの乳液はさっぱりとしたタイプなので、ベタつきが苦手な方でもそんなに気にならないので、気に入れば乳液が洗顔、化粧水、乳液がセットの3ステップコースへの変更も可能です。

購入時の注意点

バルクオム定期コースのデメリットとして、2回目の商品を受け取らずに解約した場合、3,000円のキャンセル量がかかってしまうという点です。

しかし、例えキャンセルしたとしても、初回コースは本来6,100円なので、約半額で初回分を購入できるため、非常に安く購入できたことになります。

バルクオムの使い心地が気に入って、2回目以降も継続したいという方は、初回の時点でワンコインという破格で購入できたことになるので、いずれにしてもBASICコースは購入する価値があると言えます。

購入時の注意事項としてもう一つ。楽天やアマゾンでは転売品が多く、転売品の場合は、メーカーに問い合わせても返金、返品に応じてくれない可能性が高いので、公式サイトから購入してください。

まとめ

バルクオムは洗顔、化粧水などの基礎スキンケア以外の商品ラインナップが豊富でありながらも、男性が手軽にスキンケアできるようなコースが用意されています。コースも2種類のみで、乳液を使うか使わないかのみで選ぶことができるので、とても手軽に高品質なメンズコスメを手に入れることができます。

メンズスキンケアのバルクオム公式通販サイト